大阪メトロ御堂筋線「江坂駅」より徒歩13分/阪急千里線「豊津駅」より徒歩9分

※手術が無い場合は往診にも対応いたしますのでご相談ください。

休診日に体調を崩された方は、事前にお問い合わせの上、提携病院をご利用下さい。その際は必ず当院の診察券をご持参下さい。患者さんのカルテがコンピュータ管理されているため、速やかに対応することができます。

2019.02.10/院長BLOG

病気のお話4

今回はワンちゃん🐶、その中でもミニチュアダックスさんに特に多い椎間板ヘルニアのお話です🙂

椎間板ヘルニアにはⅠ型とⅡ型がありますが、ミニチュアダックスさんなど軟骨異栄養犬種に好発するのはⅠ型で髄核の脱水や変性に起因した髄核突出により神経が圧迫され生じます😨😨

“抱っこしたらキャンと痛がった”とか“階段を登れなくなった”などの異常を訴えられる飼主さんが多いです。この病気は人でも激痛で動けなくなると聞くので相当痛いんだと思います😖💦

治療法は症状の軽い子は内科的治療、症状の重い子や内科的治療に反応しない子は外科的治療が選択されます💊💉

 

今回のワンちゃんは10月に歩き方がおかしいということでご来院され、その時は内科的治療に反応したのですが再発してしまい、今回内科的治療に全く反応しなかったため手術することになりました😨🏥

手術は背骨を削って窓をつくり、逸脱した髄核を摘出し圧迫を解除する目的で行われます。

 

背骨の骨模型です。青で囲った箇所が逸脱した髄核で上に通っている神経を圧迫しているためこれを除去するために骨を削って窓を作成しています。

 

今回のワンちゃんは術前、両後肢が完全に麻痺して前肢だけで歩行する状態でしたが、術後3日後に自力で立ち上がれるようになり、術後1週間で短時間ならお散歩ができるようになり、術後2週間で麻痺も残らず以前のように歩ける様になりました😀🎉

神経は障害を受けている時間が長いほど機能回復にも時間がかかり、場合によっては完全に回復しないため、内科的治療に十分に反応しない子は早めの手術をお勧めしています😀